子犬の首輪は種類とサイズの2つを考えて選ばなくてはイケません。

首輪の種類

通常、首輪と呼ばれているものとハーネスの2種類から選択をします。

首輪について

首輪は簡単に手に入るもっともポピュラーなものです。
リードを一瞬鋭く引くことなどによって飼い主側の意思を犬に伝え易いなど
しつけの面で有効に使用することが出来ます。
常時付けていられるなど手軽に使用することが出来ます。

ハーネスについて

首輪では散歩の時などに不都合があったり何らかの疾患があって負担を掛けたくない場合に使用します。
また首輪を付けてお散歩中、苦しそうに「ゼイゼイ」いいながら散歩しているのを見かねてハーネスに切り替える飼い主様もいるとおもいます。
適正なサイズのハーネスを使用することで首輪よりも脱げてしまう可能性は少なくなります。

子犬の場合

特別な事情が無ければ子犬期にはしつけ面を考えて、まずは首輪を選択するほうが良いと思います。
その後、成長するとともにハーネスに変えるかを検討します。
生後90日のワクチン接種までは外でのお散歩は出来ませんので、お散歩出来ない期間に首輪を選んであげれば良いおもいます。
最初は首輪を付けることに抵抗を示しますので前もって(生後60日~90日の間で)練習をしてあげてください^^

首輪のサイズ

首輪のサイズは実際に付けてみてキツいかな~?くらいのサイズが適正です。
どうせ成長するから!と成長を見越して大きめのサイズを選びことは絶対にしないでください。
首輪がクルクル回ってしまうサイズだと子犬が後退りをすれば、おもったよりも簡単に外れてしまいます。

また当犬舎では生後60日より柴犬のお渡しを開始致します。
そのころの首周りはおよそ18cm~23cm程度です。
上記を目安に首輪を選んでいただければとおもいます。

「首輪選びに不安がある・・」という方は当犬舎で首輪のピッタリサイズの首輪とリードをご用意することも可能です!

こちらもご覧ください!
柴犬の子犬にピッタリサイズ!首輪とリード