犬の爪切りは自宅で行うのは難しいのでチャレンジする際は万全の準備をして望んでください。
このページでは爪切りの方法を紹介しますので是非参考にしてみてください。

※注意:出血してしまうことやワンちゃんが爪切りを極度に嫌がるようになってしまうことも考えられますので
トリマーさんに爪切りをお願いすることを推奨します。

柴犬の爪切りに必要な道具

柴犬の爪切りには以下のような道具を使用します。
 
・爪切り(犬用の専用爪切りです。人間用ではありません!注意)
・ヤスリ(犬用爪切りを購入したときに同封されていることが多いです)

・クイックストップ(出血止めです)

※爪切りに慣れている方でも止血薬のクイックストップは必ず用意してください。 

爪切り前の予備知識

爪切りの前に犬の爪について説明します。
犬の爪は神経と血管が通っていますので大胆に切ることは非常に危険です。
爪を切る際は爪の先から様子を見ながら切り進めてください。

※柴犬の場合はお散歩などで運動をすることが多い為、爪切りの必要がないほどギリギリまで削れていることも多いです。
狼爪は自然に削れることはありませんので飼い主様が注意してみてあげてください。

爪切り実践!

足の持ち方(抑え方)

画像のように親指でパットを圧迫しながら押さえ爪を切ります。
(血管を押さえて出血を抑える為に圧迫をします)
柴犬の爪切り

爪の切り方(通常時)

数字の順にカットします。
爪が黒い子は一気にカットせずに1番の切り方で爪先から徐々に切り進めていく方が血管を確認しやすく安全です。
徐々に切っているので血管を切る場合も出血が少なくクイックストップで楽に止血できます。
血管を切らない爪切り

爪の切り2(しばらく爪を切らず血管が伸びてしまった場合)

爪を伸ばし放題にした場合には血管も同時に伸びてしまっています。
伸びた爪を適正な長さまで切るには血管を切らなくてはならないことがあります。
上記で説明した通常時よりも多くの出血が予想されますのでクイックストップを用意して爪を切ります。
※この場合はサロン、獣医さんでお願いしてください。
血管をカットする爪切り

ヤスリで仕上げ

最後にヤスリを掛けて角を取ってあげます。
ヤスリを掛けなくてもお散歩などですぐ取れてしまうのですが、それまでに抱きつかれると痛いので^^;
爪切りヤスリ掛け

爪切りを終えて

簡単そうに見えますが爪切りはトリミングの中でも一番経験を必要とします。
嫌がるクセが付いてしまったら大変なので自身が無い方はプロに任せてしまいましょう!

トリミングサロンでは500円~1,000円程度で爪を切ってくれるとおもいます。

 

以上柴犬爪切りの紹介でした^^